SIGN_327-163
CHARLOTTE PERRIAND
 
フランスの建築家でありデザイナー。そして20世紀において最も革新的で創造力に富んだ家具デザイナーでありインテリアデザイナーの一人。
1927年、サロン・ドートンヌに出展した「屋根裏のバー」が大反響を呼び、この作品がきっかけとなり、ル・コルビュジエのアトリエに入所。
1940年には日本の政府から輸出工芸指導の装飾美術顧問として招聘され来日を果たし、1941年と1955年に高島屋で展覧会を開催。日本の建築家・デザイナーに多大なる影響を与え、また、50年代からはプルーヴェと数多くの公共施設や家具を共働し、そのイマジネーションは世界に衝撃を与えた。ペリアンの作品は、より良いデザインはより良い社会を創造するという信念のもと、機能的な生活空間を作り出すことを目的とされているのである。

Perriand was a French architect and designer, and she was one of the most innovative furniture and interior designers of the twentieth century.
Perriand designed a rooftop bar for the Salon d’Automne that drew the attention of Le Corbusier and he invited Perriand to Join the Le Corbusier studio.
She carried out a visit to Japan with an invitation from the Japanese government in 1940. 1941 and 1955, an exhibition at Takashimaya Department store. This greatly influenced Japanese architects and designers. From the 1950’s, she collaborated with Jean Prouve on many public facilities and much furniture, and their collective imagination had a major impact on the world.
Perriand’s work aimed to create functional living spaces in the belief that better design helps in creating a better society.

VIEW COLLECTION
masterCHARLOTTE PERRIAND