DSC04353
LE CORBUSIER
 
コルビュジエは1887年にスイスで生まれ、主にフランスで活躍した。本名シャルルーエドゥアール・ジャンヌレ。
建築家であり、都市計画者であり、彫刻家であり、画家であり、デザイナーであり、都市計画の専門家であり、作家であり、そして今現在我々が「近代建築」と呼んでいるもののパイオニアであった。
コルビュジエのアトリエには坂倉準三や前川國男、吉阪隆正という日本建築の巨匠らが籍を起き、彼らの代表作にはコルビュジエのルーツを感じる事が出来る。日本では国立西洋美術館が唯一のコルビュジエ建築である。

Charles-Edouard Jeanneret, known as Le Corbusier, was born at La Chaux-de-Fonds, in the SwissJura, in 1887. And became a French citizen in 1930.
He was an architect, sculptor, painter, designer, urbanist, writer, and one of the pioneers of what is now called modern architecture.
Junzo Sakakura, Kunio Maekawa and Takamasa Yoshisaka, all Japanese master architects, were members of Corbusier’s studio, and Corbusier’s roots can be felt in their representative work. In Japan, the National Museum of Western Art is the only remaining Corbusier architecture.

VIEW COLLECTION
masterLE CORBUSIER