Jeanneret_and_Corbusier190
PIERRE JEANNERET
 
スイス人建築家であるピエール・ジャンヌレは、従兄弟であるル・コルビュジエと20年におよび共働。1950年代始めには、コルビュジエの誘いでインドのチャンディーガルの都市計画のプロジェクトに参加。コルビュジエがプロジェクトを去ったあとも現地に残り、チーフアーキテクトと都市計画デザイナーに就任し、インドの近代建築の発展に寄与した。
チャンディーガルには1951年から14年間もの長期滞在していたが、65年に病気のためにインドを離れ、1967年に死去。その後遺族によって彼の遺灰はチャンディーガル北東部にあるスクナ湖に散骨された。
チャンディーガルの為に製作された家具は、独特な雰囲気の中にも洗練されたデザインに対する評価が高く、インド政府が国宝として保存活動を進めており、世界中のミュージアムがコレクションを開始している。

Jeanneret was a Swiss architect, and he collaborated with his more famous cousin, Le Corbusier for about twenty years.
He began a new project at Chandigarh in India from 1950’s, at the invitation of Le Corbusier. Corbusier left the project in the middle, and Jeanneret became the Chief Architect and Urban Planning Designer. He stayed in Chandigarh for fifteen years. When he died in 1967, his ashes were scattered on Sukhna Lake in Chandigarh at his request.
Furniture manufactured for Chandigarh also had a refined design within a unique atmosphere, and the Indian government is promoting a movement to preserve this furniture as a national treasure.

VIEW COLLECTION
masterPIERRE JEANNERET