DSC04193
SERGE MOUILLE
 
1922年フランス・パリ生まれ。銀細工職人として教育を受けたのち、パリに自身の工房を開設。応用美術学校で教鞭を取る傍ら、個人住宅や海外との仕事を開始し様々なデザイン活動を行う。1953年にはジャック・アドネのフレンチ・アート会社からの発注を受けて、手仕事による照明デザインを開始。
1956年には、パリのアートシーンを担ったステフ・シモン・ギャラリーにおいてギャラリーのスポットライトをデザイン。同時に、同ギャラリーにて、プルーヴェ、ペリアンやジョルジュ・ジュブ、イサム・ノグチらの作品とともに受注作品を発表し、世界中の建築家やデザイナーから評価を受けた。「ランプは尻や乳房を思わせるから造りたくなる」という独特の感性(官能性)から生まれた作品は、異彩を放ちながらも主張しすぎない優美さを漂わせている。

Mouille was a French industrial designer and silversmith. He is best known for his light fixture designs.
Mouille became a teacher at the School of Applied Arts and opened his own metalworking studio in 1945. he began researching and designing light fixtures in 1953.
In 1956 Steph Simon opened a design gallery in Paris, and began showing Prouve and Perriand’s work. The gallery soon also featured the work of Serge Mouille, and Isamu Noguchi. Work born from the unique sensitivity (functionality) of “I want to make lamps because they remind me of buttocks and nipples”, along with being conspicuous, have an underlying delicacy.
At the height of production of the Simple Lamp, it is said 2,000 pieces were manufactured at that time, but only 1/10 or 200 pieces are said to exist today.

VIEW COLLECTION
masterSERGE MOUILLE