EXHIBITION

SIGNとしては初となる展覧会。ジャン・プルーヴェやシャルロット・ペリアンの作品を多数展示。展覧会の目玉として、1942年に高島屋で開催された「伝統・選擇・創造」展に出品された山形県立博物館所有の寝椅子を60年ぶりに東京にて展示。シャルロット・ペリアン初来日時に助手を務められた柳宗理先生にもご来場いただいた。