02
2005年、東京・恵比寿にオープン。

ジャン・プルーヴェやシャルロット・ペリアンが戦後の日本で果たした役割を伝える事を目的に、
アジアでは初めてフランス人デザイナーの家具などを専門的に展開。
「柳宗理」展(2009 – 2010)や「シャルロット・ペリアンと日本」展(2011 – 2012)の企画や作品協力を行い、
2012年にはジャン・プルーヴェの娘であり、美術史家のカトリーヌ・プルーヴェ氏協力のもと、
阪急コミュニケーションズ(現:株式会社CCCメディアハウス)から「JEAN PROUVÉ CONCEPTEUR – CONSTRUCTEUR」を出版。
また、同年「近現代空間デザイン保存研究会」を発足し、同時期の建築家やデザイナーである坂倉準三や丹下健三、柳宗理にもスポットを当て、
国内外のギャラリーや美術館と協力し、日本デザインの企画展・研究・普及活動も行っています。

2015年早春、Gallery – SIGN Hiroshimaを平和都市・広島にオープン。

The gallery opened in Ebisu, Tokyo in 2005.

Aiming to communicate the role that Jean Prouvé and Charlotte Perriand
played in postwar Japan, it was Asia’sfirst gallery to specialize in exhibiting the furniture of French designers. 
The planning and the cooperation with various collections for the Sori Yanagi Exhibition (2009-2010) and the Charlotte Perriand and Japan Exhibition (2011-2012) 
took place here. In 2012, based on the cooperation of Catherine Prouvé, art historian and daughter of Jean Prouvé, “Jean Prouvé Concepteru-Constructeur” 
was published from Hankyu Communications (now CCC Media House).
Also, in the same year, Japan Space Design Preservation Research was founded, and a spotlight was focused on the works of
Junzo Sakakura, Kenzo Tange and Sori Yanagi, all architects and designers from the same time period.
Cooperating with national and international galleries and art museums, our activities include exhibition planning,
research and the popularization of Japanese design.

Early Spring 2015, Gallery – Sign Hiroshima will open in Peace City, Hiroshima. 


Slide background
- FEATURE -
Gallery - SIGN Tokyoでは、2015年11月13日(金)から15日(日)まで、代官山SPEAK FOR SPACEにて、フランスで活躍したスイス人建築家・デザイナーであるピエール・ジャンヌレとル・コルビュジエによるインド・チャンディーガルの都市計画において製作された家具作品の展覧会を開催致します。
展覧会では約20アイテム、30点の作品と共に、TARO NASU GALLERYのご厚意にてホンマタカシ氏によるチャンディーガルの写真も展示致します。
チャンディーガルの為に製作された家具は、独特な雰囲気の中にも洗練されたデザインに対する評価が非常に高く、
インド政府が国宝として保存活動を進めており、各国のミュージアムがコレクションを開始しています。
同展覧会では、チャンディーガルにおける一連の家具作品の中でも、特に希少な作品を取り揃えておりますので、皆様のご来場、心よりお待ちしております。

開催日によって営業時間が異なりますので、お間違えの無い様にお願い致します。

13日(FRI)17 : 00 - 21:00
14日(SAT)10 : 00 - 19 : 30
15日(SUN)10 : 00 - 17 : 00

また、明年に広島にて展覧会を巡回致します。広島では一部作品を入れ替えて新しい作品を展示予定です。
From Friday, November 13th to Sunday, November 15th
At SPEAK FOR SPACE, Daikanyama
Gallery - SIGN Tokyo will hold an exhibition of furniture manufactured for India’s Chandigarh urban development plan by Pierre Jeanneret and Le Corbusier.
Along with 20 categories of furniture including 30 pieces, we will also be showing photos of Chandigarh by Takashi Honma through the courtesy of the TARO NASU GALLERY.
Furniture manufactured for Chandigarh also had a refined design within a unique atmosphere,
and the Indian government is promoting a movement to preserve this furniture as a national treasure.
Throughout this exhibition, you will find a large assortment of rare items among the pieces of Chandigarh furniture, and it is our pleasure to welcome you.
The exhibition will be open at differing times, so please be sure to check the following schedule:
Friday Nov 13 17:00-21:00
Saturday Nov 14 10:00-19:30
Sunday Nov 15 10:00-17:00
A final word about our exhibition to be held in Hiroshima next year; we plan to replace a number of items with different pieces for this exhibition.
 
Japan Space Design Preservation Research
近現代空間デザイン保存研究会は、日本に存在する/存在した近現代の優れたデザインの保存と研究を目的として2012年11月3日に設立されました。
詳しくはCONTACTよりお問い合わせください。
masterHome