02
2005年、東京・恵比寿にオープン。

ジャン・プルーヴェやシャルロット・ペリアンが戦後の日本で果たした役割を伝える事を目的に、
アジアでは初めてフランス人デザイナーの家具などを専門的に展開。
「柳宗理」展(2009 – 2010)や「シャルロット・ペリアンと日本」展(2011 – 2012)の企画や作品協力を行い、
2012年にはジャン・プルーヴェの娘であり、美術史家のカトリーヌ・プルーヴェ氏協力のもと、
阪急コミュニケーションズ(現:株式会社CCCメディアハウス)から「JEAN PROUVÉ CONCEPTEUR – CONSTRUCTEUR」を出版。
また、同年「近現代空間デザイン保存研究会」を発足し、同時期の建築家やデザイナーである坂倉準三や丹下健三、柳宗理にもスポットを当て、
国内外のギャラリーや美術館と協力し、日本デザインの企画展・研究・普及活動も行っています。

2015年早春、Gallery – SIGN Hiroshimaを平和都市・広島にオープン。

The gallery opened in Ebisu, Tokyo in 2005.

Aiming to communicate the role that Jean Prouvé and Charlotte Perriand
played in postwar Japan, it was Asia’sfirst gallery to specialize in exhibiting the furniture of French designers. 
The planning and the cooperation with various collections for the Sori Yanagi Exhibition (2009-2010) and the Charlotte Perriand and Japan Exhibition (2011-2012) 
took place here. In 2012, based on the cooperation of Catherine Prouvé, art historian and daughter of Jean Prouvé, “Jean Prouvé Concepteru-Constructeur” 
was published from Hankyu Communications (now CCC Media House).
Also, in the same year, Japan Space Design Preservation Research was founded, and a spotlight was focused on the works of
Junzo Sakakura, Kenzo Tange and Sori Yanagi, all architects and designers from the same time period.
Cooperating with national and international galleries and art museums, our activities include exhibition planning,
research and the popularization of Japanese design.

Early Spring 2015, Gallery – Sign Hiroshima will open in Peace City, Hiroshima. 


Slide background
- FEATURE -
“MASTERS OF DESIGN” Exhibition & 石塚元太良写真展「ル・コルビュジエ」開催のお知らせ
GALLERY - SIGN Hiroshimaでは、2017年12月23日~2018年1月14日まで、ル・コルビュジエ
ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアン、ジャン・プルーヴェの中から、特に希少な家具及び、チャンディーガルの地にて、
ル・コルビュジエが描いたドローイング作品と、写真家・石塚元太良氏が撮影したル・コルビュジエ建築の写真展を同時開催致します。
会期 : 2017年12月23日(土) ~ 2018年1月14日(日)
*2017年12月30日(土) ~ 2018年1月3日(水)の年末年始を除き、会期中は休まず営業致します。
会場 : GALLERY - SIGN Hiroshima
時間 : 12 : 00 - 18 : 00
入場 : 無料

石塚元太良(いしづか げんたろう)写真家。
8x10などの大型フィルムカメラを用いながら、ドキュメンタリーとアートの間を横断するように、
時事的なテーマに対して独自のイメージを提起している。
近年は氷河、パイプライン、ゴールドラッシュなどをモチーフにアラスカやアイスランドなど主に極地方で
独自のランドスケープを撮影。
2004年日本写真協会賞新人賞受賞。2011年文化庁在外芸術家派遣員。
初期集大成ともいえる写真集『PIPELINE ICELAND/ALASKA」(講談社刊)で2014年、東川写真新人作家賞受賞。
また2016年、Steidl Book Award Japanでグランプリを受賞し、ドイツのSteidl社より新作の
『GOLD RUSH ALASKA』を2018年に出版予定。
Announcing the opening of “MASTERS OF DESIGN” Exhibition and Gentaro Ishizuka’s “Le Corbusier” Photo Exhibition.
The following with be shown simultaneously at GALLERY-SIGN Hiroshima from December 23, 2017 to January 14, 2018:
: Rare furniture items from Le Corbusier, Pierre Jeanneret, Charlotte Perriand and Jean Prouve
: Drawings by Le Corbusier of the Chandigarh area
: Professional photographer Gentaro Ishizuka’s photos of architecture by Le Corbusier
Dates: December 23, 2017 (Sat) ~ January 14, 2018 (Sun)
*The exhibition will be open daily except for year end dates December 30, 2017 (Sat) through January 3, 2018 (Wed)
Place: GALLERY-SIGN Hiroshima
Time: 12:00-18:00
Free admittance

Gentaro Ishizuka, Photo Exhibition
By using large film such as 8x10s, and seeming to traverse between documentary and art,
he presents his unique images regarding current themes.
In recent years, he has photographed unique landscapes in arctic regions such as Alaska and Iceland with motifs including glaciers, pipelines, and the gold rush.
In 2004, he received the Newcomer’s Award from the Photographic Society of Japan Awards and in 2011, he become
the Overseas Fine Arts Representative for the Agency for Cultural Affairs, Government of Japan.
What can be called a compilation of his early work, the photo collection PIPELINE ICELAND/ALASKA (Kodansha) received 
the Higashiwaka International Photo Festival New Photographer Award in 2014.
In 2016, he was awarded the grand prize by Steidl Book Award Japan, and his new work GOLD RUSH ALASKA
is scheduled to be published by Steidl Germany in 2018. 
 
Japan Space Design Preservation Research
近現代空間デザイン保存研究会は、日本に存在する/存在した近現代の優れたデザインの保存と研究を目的として2012年11月3日に設立されました。
詳しくはCONTACTよりお問い合わせください。
masterHome