02
2005年、東京・恵比寿にオープン。

ジャン・プルーヴェやシャルロット・ペリアンが戦後の日本で果たした役割を伝える事を目的に、
アジアでは初めてフランス人デザイナーの家具などを専門的に展開。
「柳宗理」展(2009 – 2010)や「シャルロット・ペリアンと日本」展(2011 – 2012)の企画や作品協力を行い、
2012年にはジャン・プルーヴェの娘であり、美術史家のカトリーヌ・プルーヴェ氏協力のもと、
阪急コミュニケーションズ(現:株式会社CCCメディアハウス)から「JEAN PROUVÉ CONCEPTEUR – CONSTRUCTEUR」を出版。
また、同年「近現代空間デザイン保存研究会」を発足し、同時期の建築家やデザイナーである坂倉準三や丹下健三、柳宗理にもスポットを当て、
国内外のギャラリーや美術館と協力し、日本デザインの企画展・研究・普及活動も行っています。

2015年早春、Gallery – SIGN Hiroshimaを平和都市・広島にオープン。

The gallery opened in Ebisu, Tokyo in 2005.

Aiming to communicate the role that Jean Prouvé and Charlotte Perriand
played in postwar Japan, it was Asia’sfirst gallery to specialize in exhibiting the furniture of French designers. 
The planning and the cooperation with various collections for the Sori Yanagi Exhibition (2009-2010) and the Charlotte Perriand and Japan Exhibition (2011-2012) 
took place here. In 2012, based on the cooperation of Catherine Prouvé, art historian and daughter of Jean Prouvé, “Jean Prouvé Concepteru-Constructeur” 
was published from Hankyu Communications (now CCC Media House).
Also, in the same year, Japan Space Design Preservation Research was founded, and a spotlight was focused on the works of
Junzo Sakakura, Kenzo Tange and Sori Yanagi, all architects and designers from the same time period.
Cooperating with national and international galleries and art museums, our activities include exhibition planning,
research and the popularization of Japanese design.

Early Spring 2015, Gallery – Sign Hiroshima will open in Peace City, Hiroshima. 


Slide background
- FEATURE -
「LE CORBUSIER & PIERRE JEANNERET : CHANDIGARH, INDIA」展 開催のお知らせ
2016年10月9日(日)~23日(日)まで「LE CORBUSIER & PIERRE JEANNERET : CHANDIGARH, INDIA」展を開催致します。
2016年7月、東京・上野の国立西洋美術館を含む7カ国17作品におよぶル・コルビュジエの代表作が世界遺産として登録されたのは記憶に新しいところですが、
同展覧会では、その1つに選ばれたインド北部、チャンディーガル都市計画にて建設されたキャピトル・コンプレックス(高騰裁判所・行政庁舎・議会棟)や、
コルビュジエの従兄弟でありチャンディーガル都市計画の最高責任者として共働した
ピエール・ジャンヌレが設計した建築内にて使用されていた家具を展示致します。
また、2013年にCCA(Centre Canadien d’Architectre)からの依頼で写真家・ホンマタカシ氏が撮影を行なったチャンディーガルの写真
(未発表の新作約10点を含む)もあわせて展示致します。

出品作家 : ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、ホンマタカシ
会期 : 2016年10月9日(日) - 23日(日)
会場 : おりづるタワー 5F / 広島市中区大手町1-2-1
時間 : 10 : 00 - 19 : 00
入場料 : 1700円(大人)中・高生 900円 小学生700円 幼児(4歳以上)500円
*こちらの入場料にて屋上展望台「ひろしまの丘」もご入場いただけます。
主催 : Gallery - SIGN
協力 : おりづるタワー / TARO NASU
同時開催 「ル・コルビュジエ」展のお知らせ
同期間中、Gallery - SIGN Hiroshimaにて「ル・コルビュジエ」展を開催致します。
建築家大高正人が設計した広島市中区基町にある大規模集合住宅「市営基町高層アパート」。この建築はル・コルビュジエによる集合住宅の傑作、マルセイユのUnité d’Habitationをイメージとして建設されました。展覧会ではUnité d’Habitation使用されていたインテリアの一部を展示・販売致します。
また、同展におきましても写真家・ホンマタカシ氏が撮影したコルビュジエ建築の写真もあわせて展示・販売致します。

「LE CORBUSIER」

出品作家 : ル・コルビュジエ、ホンマタカシ
会期 : 2016年10月9日(日) - 23日(日)
会場 : Gallery - SIGN HIROSHIMA / 広島市中区小町1-1-4F
時間 : 10 : 00 - 19 : 00
入場料 : 無料
主催 : Gallery - SIGN
協力 : TARO NASU
Announcement of LE CORBUSIER & PIERRE JEANNERET : CHANDIGARH, INDIA Exhibition

The LE CORBUSIER & PIERRE JEANNERET : CHANDIGARH, INDIA Exhibition will be held from October 9 to October 23, 2016.

The news that, in July, 2016, 17 pieces extending over 7 countries including the National Museum of Western Art in Ueno, Tokyo, of Le Corbusier’s representative work being registered as world heritages may be fresh in your memory. During the same exhibition, one of those selected pieces, furniture used in the capital complex (Supreme Court, governmental administration, Parliament) of Chandigarh, Northern India and in buildings planned by Pierre Jeanneret, Le Corbusier’s cousin who worked with him, will be exhibited.
Also, together with this, pictures commissioned by the CCA (Centre Canadien d’Architectre) in 2013 and taken by photographer Takashi Homma at Chandigarh (including10 new unpublished pictures) will be exhibited.

Presented work by : Le Corbusier, Pierre Jeanneret, Takashi Homma
Dates : October 9 - 23, 2016
Venue: Hiroshima Orizuru Tower, 5th floor 1-2-1 Otemachi, Naka-ku, Hiroshima
Time : 10 : 00 - 19 : 00
Admission fee: Adults ¥1700 Jr. High/High school students ¥900
Elementary school students ¥700 Children over 4 ¥500
*This includes entrance to the roof observation deck Hiroshima’s Hill
Sponsored by : Gallery—SIGN
Collaborated with : Orizuru Tower / TARO NASU

Announcement: Simultaneous Le Corbusier Exhibition
Simultaneously, Gallery—SIGN Hiroshima will sponsor a Le Corbusier exhibition.
Large-scale apartments ” Motomachi Municipal High-rise Apartments” at Motomachi, Naka-ku, Hiroshima planned by the architect Masato Otaka. This building was built in the image of the masterpiece, Marseille’s Unité d’Habitation, apartments by Le Corbusier. During the exhibition, some of the interior items used at the Unité d’Habitation will be shown and will be available for purchase. Also, simultaneously, pictures of Le Corbusier’s buildings taken by photographer Takashi Homma will be shown and will be available for purchase.

「LE CORBUSIER」
Presented work by : Le Corbusier, Pierre Jeanneret, Takashi Homma
Dates : October 9 - 23, 2016
Venue: Gallery - SIGN HIROSHIMA Komachi, 4th floor Naka-ku, Hiroshima
Time : 10 : 00 - 19 : 00
Sponsored by : Gallery - SIGN
Collaborated with : TARO NASU
 
Japan Space Design Preservation Research
近現代空間デザイン保存研究会は、日本に存在する/存在した近現代の優れたデザインの保存と研究を目的として2012年11月3日に設立されました。
詳しくはCONTACTよりお問い合わせください。
masterHome